All archives    Admin

05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017'07.27 (Thu)

星野源 continues 大阪2日目 レポ感想

7月23日(日)、大阪城ホールに星野源くんのライブを見に行ってきました~♪
源君仲間が周りにいないので、取り敢えず旦那に付き合ってもらって一緒に行きました。

えっとまず席がですね、結構後ろだったんですよね~。。。( ;∀;)
Gブロックの最後列、この下の図の赤点の辺でした。

そして今回花道というのがなく、でもセンターの水色の丸の部分がステージとして作られていて。
そのステージで歌うときは、ほぼ真横からの目線でこっち向いてくれた時は正面て感じでした。

seat_johall_b.gif

では続きからはネタバレしていきますので、まだ知りたくないという方はお気をつけください。


【More・・・】

まずセットリスト。 これは旦那に予習させるためにも知っておいた方がいいと思って
私も行く前にもうすでにネットで調べてから行きました。

  星野源 continues セトリ

 1 Firecracker(カバー)
 2 化物
 3 桜の森
 4 Night Troop
 5 雨音
 6 くだらないの中に
 7 フィルム
 8 夢の外へ
 
  ★弾き語り★
 9 穴を掘る
10 透明少女(NUMBER GIRLカバー)
11 くせのうた
 
  ~後半~
12 マッドピエロ(YMOカバー)
13 時よ
14 ギャグ
15 SUN
16 恋
17 Weekend
18 Continues
 
  ~アンコール~
19 君は薔薇より美しい(ニセ明)
20 Drinking Dance(ニセ明)
21 Friend ship


オープニングの曲はインストでマーチン・デニーという方のカバーでマリンバ(木琴)が印象的な曲ですね。


源くんが影響を受けたYMOがこの人の影響を受けてカバーもしてるほど好きだったようで。
今回のツアータイトル「continues」も全て昔から今に続いてる、繋がってると言うコンセプトらしいです。
なので、今回はアルバムリリースでのライブとかじゃないので、昔の曲多めでした。
私がリアルタイムで源君のファンになってなかった時のばかりです。

時よ・SUN・恋 辺りより前のメジャーな曲以外のもなるべくお金をかけずに予習しようと、
YouTubeで色々探して、ツベでも別の一般人がカバーしてるのしかなかったりすると
CDショップで源君コーナー作ってある所で視聴の機械置いてある所で取り敢えず
セットリストの中の曲をそこで視聴して予習するとかね。

唯一1枚だけ源君のCDと呼べるものを持っていたので、旦那には車で通勤の途中
聞いて覚えるように渡して、予習させました。

まぁ色々予習はしましたがそれでも「穴を掘る」と「Night Troop」は殆どよく分からないままで当日迎えました。

ではそろそろ本題行きましょうか。

オープニングは先輩(歌謡曲:声:大塚明夫)後輩(Jpop:声:宮野真守)のボイスドラマ
(ラジオドラマみたいな感じ←脚本は源君)
音声だけのドラマで、過去から現在に受け継がれていく音楽について語る内容。 

そしてインストロメンタルのFirecrackerの演奏が始まり、奈落から源くんがマリンバ(木琴)と共に現れる。
客席ギャーーーー!うぉ~~~~!って歓声が上がる。もちろん皆総立ちです。
源くんがマリンバを弾く姿はMVでは見た事あったけど、生で演奏する姿には感動!
食い入るようにガッツリ見ました~。やっぱ楽器演奏できるのって凄いね。

そして化物でステージ右に左に移動してくれて、私も「わ~~!\(^o^)/」って必死に手を振って(笑)
曲の合間に「大阪ーーーー!」ではなく「大阪城~~!!」って言ってましたね。
「こんばんは~!星野源でーーす!」てのも言ってたかなぁ。まぁそれは分かりきってるんだけどさ
「星野源でーーす!!」は2~3回言ってたね。

で曲が終わると一息ついてトーク。(ちょっとニュアンスが違うとこがあるかもですが)
「僕。この会場好きなんですよ、大阪城ホール」 「ここ(ステージ)からの景色が好きで」
「上までぎっしりお客さん入ってますね」←(追加が出て立ち見がありました)

当日は約8000人と大阪城公園駅の所には書いてありましたね。
へぇ~、立ち見も作ったのに8000人だったんだ~、もうちょい多いかと思いましたけど。

「こうして会場を見ると全体的にピンクですね」 (グッズのタオルをみんな肩に掛けてるから)
DDyJ-t_VYAAcXfW.jpg
「へぇ~良いですね~、それどこで買ったんですか~??」と白々しく聞く( ´艸`)
「グッズで売ってるんですね、(お買い上げ)有難うございます~」
「あ、今ちょっと後ろめたい気持ちになった方は、ライブ終わってからもまだ発売してますので
 ぜひ買ってください」と宣伝する。
私はいつもの事ながら、もちろんグッズは何も買わなかったですけどね。

ただ源君のライブにはペンライトがない!
まずグッズで売っていないし、そういうの振ってる人もピリッとも居ない。
そういうライブは私初めてかも。
チェッカーズやフミヤ君の時からジェジュンまでしょっちゅうライブは行ったけど
そういうの振って会場がキラキラ賑やかなライブばかりでしたから。

で、話それましたが、会場がピンクですねってとこから次の曲「桜の森」へ。
雨音はフルートが使われたりと原曲をアレンジされてました。
あの曲でいつも思うんだけど「乾いた雨の中に・・・」って歌詞で
「乾いた雨」ってどんな雨だ~!?って最初聞いた時から引っかかってました(^-^;

「くだらないの中に」は源君の中では結構ラブソングですよね。
これは旦那も聞き込んでいて、この歌詞には自分達と重ね合わせて共感したと言ってました。
いつもくだらない事でふざけあってるので。。(笑)

この曲の後半の「く~だらない~の中に あ~いがーーー!」と裏声にしないで地声で歌う
「愛が~」にぐっと心揺さぶられます♪ 生であの「愛が~~!」が聞けてちょっと感動でした。
「僕は時代のものじゃなくて 貴方のものになりたいんだ」ってとこも今の源君の事のようで。。

弾き語りは中央のステージなんですが、花道ないけどどう言う登場の仕方なのかと思ったら
普通に端っこの通路からスタッフさんが足元ライトで照らしながら歩いての移動で。。。
昔のライブではニセさんがワイヤーに釣られてセンターに登場ってのあったけど
あのハーネスが痛すぎてもうやめたそうですね。

センターのステージに立ったとき「気持ちいですね」って言って黙り込む源君。
「こういう時間が好きだ」と。みんな客席も割とおとなしくし~~んとしてるんです。
「僕あと1時間くらいでもこのまま黙ったまま居られますよ」って。
いやいやそらアカン。何か喋っって、ジェジュンみたいにベラベラ喋らんかい!と心の声。

さっきも書いたようにペンライトがないですから会場がホントに真っ暗でスポット当たってる源くんは
暗い海に向かって一人で居るみたいな気分だそうで。でもそこにはファンがいるわけで。。
なんかあったかい気分になれるそうです。そういう空気が苦痛じゃないようで。。

別の会場でも言ってたそうですが、 大きな歓声と、みんなが踊っている姿。
気持ちよすぎて、布団の中に入って眠くなるような気分なんですって。。。
へぇ~~~~。。。。そういうのは初めて聞いたなぁ、と思いましたね。

「穴を掘る」も結構昔の曲ですよね。源君のは聞くほどにじわじわ来る曲は多いんですが
これはそんなにリピしたい感じの曲に感じなかったかな~。(^-^;

カバー曲の「透明少女」は、歌う前に女の子絡みの話を何かしてから
「・・・そんなあの子は、透明少女」と曲紹介するんだけどもう14公演目で
いい加減ネタがホントに尽きた、と。  何を女の子ネタ話そうか・・・

そしてお源さんの番組の話になって隆子(たかしこ:藤井隆さん)の話をして
あの時は本当にゆるくあまり色々きっちり決めずにやった生番組だったので
とにかく(普段本当にきっちりした藤井さんだから)たかし子は「怖いわ怖いわ」と言っていたと。
そして無理やりな感じで「・・・・そんなあの子は透明少女」と持って行ってました(笑)

この弾き語りの時にステージが途中クルクル回るんですがメインステージで
歌うときは基本正面向きじゃないですか。で、センターステージ来たときは
まぁその周りのアリーナの人はめっちゃお得ですよね。
特にメインステージとセンタステージ間の前列の人たち。どっちに来ても近いんだから。

そこは源君も考えてくれていて、ステージが時計回りに90度回転してストップ。
源くんから見て右側のスタンドの方向いて歌ってくれます。
そしてまたステージがクル~っとまわって前列のアリーナがわぁってなるんだけど
すいません、通り過ぎるんです~って言って反対向きの私達側のスタンド正面に向いて
くれて歌ってくれました。アリーナ前列の人は「僕の左ケツをみていて下さい」と。
そしてさらにそのあとは正面←向きで、前列の人は本格的に源君のお尻を見る感じに。。

後半、マッドピエロ(カバー)はまたメインステージに戻って。
これも一応ツベで動画見て予習はしていきました。


時よからアンコールまでの間はどれもUPテンポな曲でイレブンプレイ(ダンサーさん)
も出てきて、会場が盛り上がる。 源くんも「大阪城~~!」 「踊れ~~!」って。

SUNの「あ、あーあ あーあ ああ~あぁ~~♪」って言う所は「みんなも一緒に~~!」って会場一体となって。
恋もみんな踊る踊る!私もうろ覚えながら分かる部分だけ一緒に踊りましたもんね。
やっぱ社会現象になっただけの事はある、恋の盛り上がりが半端ない。

で、「恋」で金テープがパ~~ンって。 
スタンドも私の何列か前の方の人までは飛んで来て取れてたみたいですね~。
スタンド最後列でしたので私はもちろん取れなかったけど。。( ;∀;)


(これは過去のライブですが・・今となってはこの時から知って居たかった~
 と思います。 これも大阪城ホールが会場ですよね)


で、アンコールを一曲残した状態で源くんが「ここで・・・お知らせがあります。。。」と
ちょっと残念そうな顔をして言います。 (次が終わったらアンコールって言うの大体分かってるから)
会場「えぇぇーーーーー!!」(T_T)
源「8月16日に新曲が出まーーーす\(^o^)/」  
会場「わーーー♪(←もう知ってるけどパチパチ~)」
源「ふふ・・ちょっといつもと違うことをしてみました」って。

でもやっぱりその後 「実は・・・あと1曲で最後の曲になります。。。。(´・_・`)」と。
会場「えぇ~~~~~!」
「でも僕のライブはほかのアーティストが普通やらない事をします
 僕のライブではアンコールがあります」  ←皆やってる!

「ですから僕が次の曲が終わってはけても、皆さんが「ウォーー!!(拍手)って
 アンコールしてくれたらまた出てくるかも知れません。」
「ただ皆さんの反応が弱かったら出てこないままかも知れません」
会場「えぇ~~!(`・ω・´)」
源「そんなもんです・・だから精一杯アンコールしてね、お願いしますね」
 「あ!アンコールでは僕と違う人が出てきますけど、
 なぜか子供に凄く人気のあの人が出てきます(笑)」と。

「・・・では、 最後の曲になります」 
会場「えぇぇーーーー!!」
源「みんな、もう演技が上手いな~~!!」

と、どこかで聞いたことのある様なやり取りをここでもしていました。
ジェジュン以外にもアンコールをこんなに催促してその後の段取りまで説明する
ってアーティストがここにもおったわと、共通点を感じて面白かったです。
ほんとこういうやりとりの時って可愛いですよね♪

で、アンコールですが源君のライブってどんな感じなのかな~?と思ってたら
「アンコール!アンコール!」という訳でもなく、ただ黙ってひたすら手拍子(拍手)し続けてる
だけなんですよね。 「へぇ~~、こういう感じなんだ~」と思いました。

アンコールは源くんと違う人(皆誰かは分かってますが)センターステージに出てくる
とはネタバレ見て知ってたんだけど、どういう出て来かたなのかな~?と思って。
まぁでもやっぱりニセさんも横の通路からコソっと歩いてステージまで来たみたいですが。

まず偽(人形)のニセ明が大きいバルーンに吊られてゆーらゆらセンターステージに
移動します。 (センタステージには黒い幕がマジックの早替えのように筒状に掛かっている)
そしてセンタステージに偽ニセ明がちょうどポトンと落ちると、次の瞬間
その黒いカーテンみたいに掛かってた幕がストンと落ちてニセさん登場!

この登場の時に、源君のオールナイトニッポンで構成作家をしている寺坂さん
(寺ちゃん)が前口上を語るんですよね(演歌の曲の前によくある様なね)
録音したものじゃなく、(姿は見えないけど)各会場、生でやってくれるんですよね♪
「では歌って頂きましょう! ニセ明さんで、君はバラより美しい!」って。 

会場「わ~~~~!!」大歓声 
ニセ「どうもーーー!ニセ明で~~~~~す!」
 (いつも黒スーツですが) 「暑いので衣装をツアーTシャツに変えて軽量化しました」と
黒Tの下は先ほど来ていた(半袖)白ワイシャツに蝶ネクタイ。
下も黒のパンツでいつもの様にロン毛にグラサンのニセさん。

ニセさんの登場は「恋」の時と同じくらい会場がうわぁ~~っと盛り上がりますね♪

その曲の後半でメンバー紹介が始まる。
ニセさんメインステージに戻ってバンドさんやイレブンプレイの皆さんを紹介。

メンバー紹介の時だったかな、ダンサーさんに、ライブでよくやる「アリーナーー!」って
言うのやってみる?と振るんです。 「え・・・いやいや」って遠慮するダンサーさんに
更に「ねぇやってみたら?」と無理強いするニセさん(笑)

躊躇してるダンサーさんに会場からも(やってみよう)って感じでパチパチ暖かい拍手。
仕方なくダンサーさんが「アリーーナー!」ってそしたらアリーナが「ウォーーー!」って拍手。
そんな事もして遊んでましたね。

ニセ「なんか噂によるとこのニセの(ダンサーいじりの)時間が怖いって言ってるらしいな!」
とニセさん言ってましたね(笑) ほかの会場でもなんか色々やってたんでしょうね(笑)

・・で、まだ「君はバラより美しい」の曲が途中のままで終わっていない状態・・・
「・・・そして♪  そして♪ そして♪ (←これが延々続いて)
 ボーカルはニセ明と星野源でした~~~~!」

その後ウコンの力のCMソングにもなってる「Drinking Dance」を歌って
ニセさんは「じゃあ(ランチパックの工場)バイト行って来まーーす(´∀`*)ノ」ってはけて行った(笑)


そしてその後またオープニングでもあった、歌謡曲先輩とJpop後輩の音声ドラマが流れる。

そしてツアー白Tに着替えた源くんが登場!
最後は「friendship」 この曲は歌詞も「いつかまた、会えるかな~」って感じで
エンディングによく合う曲ですね。 ラジオでもこれがエンディング掛かりますもんね。

あ、そうそう。この曲の途中から源くんはギターを持って演奏するんだけど
曲の後半カッティングと言う弾き方で凄く高速で「ガーーーー!」と
力いっぱい弾いてて(手元もスクリーンでアップになるし)、
ファンも、おぉ~~!って引き込まれるように見入って
ギターを弾く源君にぐっと心持って行かれた瞬間でした。

最初のマリンバと、このギターシーンはちょっとカッコイイ(素敵だな)と思いましたね♪

で、曲が全部終わってバンドやダンサーの皆さんもステージ前に一列に並んで
手をつないで最後の挨拶。。。

ここでもまた「スタンドーー!「アリーナー」をメンバー誰かにマイクを渡してさせようかと企む源君。
でも最後の最後だし誰もやりたがらない。

「あ、じゃあマイク無しで全員で素の声で言ってみようか」と。
「あんまり声張るの喉が辛いので、みんな静かーにしてね、シーー!」
「(メンバーに)せーので行くよ。 せーの! スタンドーー!(生声)」

スタンド「ウォーーーーー!!」 
源「うわぁ~~~、凄い。なんかこう言う風にすると1対1で直接話したみたいな気分になる」と。
 「これいいなぁ」と。 で「このあとアリーナー!って言わずに帰ったら顰蹙だよね」と言って
また生声で「アリーーナーー!」  会場「うぉーーーー!!」ってやって帰って行きました。

全部終わって時間を見たらちょうど3時間くらいのライブでしたね~。

ちょいちょいジェジュンを引き合いに出してきて申し訳ないですが
この最後の生声の挨拶については 私達はもう何年も前からジェジュンのマイクなしの挨拶は
聞いてたのでよくある事と思ってたので、あぁ源くんは今までした事なかったんだなぁ~と思って。
ぜひこれは他の会場でもしてあげてほしいなと思いましたね。

ちなみにジェジュンをよく知らない源君ファンの方が居られたら、こんな感じです。

「きこえますか?マイクがない! みんな〜 約束しよう また会おう!」って言ってます。



ではちょっとライブ始まる前に撮った写真も少し載せておきますね。

(あ、これは公式さんからお借りしました)
DFUBq6SXgAAyqOC.jpg
このパネルの前で撮ろうとする人が凄い多くて、2時前にはもう会場周辺に居たんですが
その時間でもすでに↓この↓行列。。。私も空いてたら撮ったと思いますが、断念しました(^-^;

wokWt.jpg
城ホールに上がる前の階段ね。 階段登ってからも更にうねうね行列が続いて・・・。

a4eWX.jpg
「恋」の衣装の展示も各ライブ会場で設置されます。
何故かあのパネルよりこちらの衣装の方が行列が空いててすっと撮れました。

入場してすぐの所に花輪。
20170723_155011.jpg

20170723_154902.jpg

20170723_154958.jpg
このらいよんチャン凄く上手く作られてますよね~♪

ファンからの花輪  「全部俺の女」ファン一同から。と書いてます( ´艸`)
20170723_154836.jpg

私の席から見たセンターのステージ。 こう言う距離感でした。
20170723_160337.jpg
アリーナで言うと22列目位の真横の延長線辺りですかね。


え~~と、最近は韓流関係ばかりのライブやファンミに行ってた私ですが
源君のライブで、最近の私が見てきた物と違うな~と思ったことは。。。

まぁ最初の方でも書きましたが、まずペンライトが無いこと。
そして衣装替えが極端に少ないこと。 
あの、源くんが出てこない間に、先輩後輩の音声ドラマと、某一流ミュージシャンからの
お祝いメッセージと言う映像コーナーもあって、それが3組ほどのアーティスト(?)
の分があるんですが時間にして12~13分位ですかね。。。

源君はその後再び出てくる時は、私の感覚では当然衣装替えして来るもんだと思ってたんですが
出てきた時と全く一緒。。 アレ??へぇ~~衣装替えないんだ。(゚д゚)
今の間はじゃあ休憩してただけなんだ・・・。と思って。
で、結局アンコール前まで最初に着てた時の衣装のままでした。 ちょっとそれにはびっくりしました。
アンコールはニセさん黒Tで源君白Tとお着替えあったんですけどね。

どうりで公式から毎回上げてくれる写真が同じ服ばかりだな~、と思ってたら。。
本当は色々有るんだけどネタバレしないために、敢えて1種類の衣装しかいつも上げない
のかなと思っていたら。 ホントにそれしか着てなかったんだと。。

ちなみにこんな感じ。
DFWDF16UAAAcfNZ.jpg

大阪二日目はこちら。 暑いのか シャツが半袖バージョンになってます。
これじゃ分かりにくいけど、マイク持つ手首の辺りで半袖だなと分かると思います。
DFbD1V9XgAEI59G.jpg

演出的にはそんな特に凝った派手な演出とかはなかったですね。
火花がシャーーって上がるとか、炎がボッとなるとかね、そういうのないです。

旦那は照明とかバックスクリーンの映像とかが綺麗だったと言ってました。
でも十分楽しめましたし、また次有ったら行きたいなぁと思いましたよ。

旦那に感想を聞くと「また機会があったら行ってもいい・・」と言ってました。
そして「スタッフさんやダンサーさんやファンのことをよく考えてくれてると思った」と言ってましたね。

次は横浜アリーナですね~♪ 源君バテないで頑張って欲しいです。

関連記事
スポンサーサイト
良かったらJJをポチッとして下さい♪                                                                                                                                            励みになります!(^^)!                                                                                                                     
 にほんブログ村
15:20  |  レポ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2017年07月31日(月) 09:56 |  | コメント編集

鍵コメ「ま」さん

こんにちは。 へぇ~「ま」さんの職場の人も源君のライブ行かれたんですね~。
あの日の札幌はまた特別にめちゃめちゃ暑い日だったらしく、会場にエアコンがなく
暑くて大変だったらしいですね。源くんも本来はスーツなんですがもう
(無理はしないって事で)早々にツアーTシャツに着替えて来たらしいです。

エアコンないので換気で会場の窓を開けていたらカラスが入ってきたそうで。。。
まさに「カラスと人々の群れ」(←恋の歌詞)だったそうで。。( ´艸`)

やっぱりアーティストによって違いますねぇ。
へぇ~、レベッカのライブ行かれるんですね~。
「ま」さんはライブ行くとなると大抵遠征ですよね。
旅行も兼ねて楽しみですよね♪
冴子 | 2017年08月01日(火) 17:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

  (お名前が無いとお返事出来ないので宜しくお願いします)
 

▲PageTop

 | HOME |