All archives    Admin

05月≪ 2018年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2018'01.28 (Sun)

ジェジュン 「守ってあげる」は僕の気持ちのようだ

JYJ ジェジュン、3年ぶりの「J-PARTY」が大盛況!
“「守ってあげる」は僕の気持ちのようだ”

OSEN |2018年01月28日18時52分
DUmRDQAU8AIwd_G.jpg
写真=C-JeSエンターテインメント
JYJのジェジュンが誕生日を迎え、ファンと特別な時間を過ごした。

C-JeSエンターテインメントは「27日、ジェジュンがソウル・オリンピック公園SKオリンピック
ハンドボール競技場で、『2018 KIM JAE JOONG J-PARTY & MINI CONCERT』公演を盛況のうちに
終えた。26日のジェジュンの誕生日を迎え、3年ぶりに開催した今回の『J-PARTY』は、一時も
目を離せない特別なステージと歴代級のファンサービスを披露し、10年を超える間、変わることなく
そばにいてくれたファンとともに最高の誕生日を過ごした」と伝えた。

DUmRDQDUQAEh8VM.jpg
ジェジュンに会うため、厳しい寒さの中、韓国国内のファンはもちろん、日本、中国、マレーシア、
タイなど海外各地のファンで会場は埋め尽くされ、普段からよくファンとコミュニケーションを
図ることで知られているジェジュンは、今回のファンミーティングも特別に構成した。
韓国の公演では珍しいインタラクティブ・イベント・アプリを通じて、観客が直接参加し、
アーティストとコミュニケーションできる次世代5G(5世代)ファンミーティングを作り
常に新しい公演のため努力するジェジュンの姿を見ることができた。

コンサートの中で行われた「ファンミーティング」コーナーは、ファンがインタラクティブ・アプリを通じて、
ジェジュンが着る衣装を選択することから始まった。ファンの選択を受け、彼氏ファッションを着て登場した
ジェジュンは、26日の誕生日を記念し、ケーキのろうそくの火を吹き消し、ファンと記念写真を撮影したり
しながら誕生日を祝った。「DEAR JJ 新造語ラブレター」コーナーでは、韓国で流行っている新造語を
当てる姿とともに、ファンのリクエストで愛嬌も披露し、爆発的な反応を起こした。さらに、
トーナメント形式でジェジュンに関するクイズを当てる「気になるJJ、僕を知りたいか」や
本人の歌を当てる「絶対音感、これが僕の歌だ」コーナーを進行し、ジェジュンの率直で
さまざまな魅力をありのまま見せた。


この日のコンサートで、ジェジュンはバンドセッションと一緒に登場し、「光」や
「Welcome to my wild world」を熱唱し、公演の幕を開けた。「皆さん、お久しぶりです。
僕はここで初めて公演をしますが、皆さんも初めてでしすよね? そして、すごく寒いから、
皆さん風邪に気をつけてください」と挨拶をしたジェジュンは、「嫌でも」「抱きしめて」
「Kiss B」「Just Another Girl」などのバラードからロックまで、ジャンルを問わないジェジュン
ならではの特別なステージを披露しながら、プロらしい姿で観客の視線を釘付けにした。

2部の公演が始まると、未公開の新曲「海の時間」を熱唱しながら再び登場したジェジュン。
「『海の時間』は次のアルバムで、たぶん唯一のバラードだと思う。これまでのアルバム収録曲とは
全く違うスタイルの曲をたくさん準備している」と、ジェジュンは準備中であるアルバムについて、
特別な意志を見せながらファンの期待を高めた。続けて「Good morning night」で、エリアごとに
観客の声を誘導する指揮者に変身し、観客は正確な拍子と音程で“テチャン
(歌に沿って一緒に歌うこと)”し、会場の熱気をさらに高めた。
DUmRDQBUMAEIBky.jpg

ファンとの時間を仕上げながら、ジェジュンは「除隊後の公演もあったし、ファンミーティングもあって、
いつも一緒にいてくれた皆さんに本当に感謝している。皆さんの応援と愛を受けながら育っている。
今年も常に頑張って、健康でいつまでも長く生きてほしい」とし、「最近、不思議と『守ってあげる』、
この曲が何か自分の考えのように思えるし、僕の気持ちのようだ。後々の話だとは思うが、
時間が本当に早く過ぎていって、これからも僕たち、美しくかっこよく生きましょう。
来てくれて本当にありがとう」と最後の挨拶を伝えた。

しかし、それで終わらせるジェジュンでも、帰るファンでもなかった。ジェジュンの名前を叫びながら
歓声を送るファンに、「うちのバンドセッションの方々がすごく困惑している。準備していない曲だけど
大丈夫でしょ?」と了解を求めた後、「Now is good」を披露した。公演の最後の曲「守ってあげる」
の前奏が流れると、「時間を戻してもまたキム・ジェジュン」と書かれたスローガンで客席いっぱいに
埋め尽くされた。スローガンを手に持ったままファンが一緒に歌を歌い始めると、会場全体に
美しいハーモニーが響き渡り、ジェジュンを感動させ、4時間にわたるコンサートを熱く締めくくった。



【More・・・】

新曲の『海の時間』こう言うのなんですね。



「守ってあげる」も、ボスを守れのOSTとして作られたあの時、
ここまで長く歌われて、ファンとジェジュンに無くてはならない曲になるとは思いもしなかったですね。

ジェジュンの澄んだ優しい声がほんと良いなぁ~~、ってこれ聞くといつも思います。
ファンもきれいに歌うしね~。でも逆にこれ歌うともう最後なんだ~~。。。って寂しくなっちゃう。

関連記事
スポンサーサイト
良かったらJJをポチッとして下さい♪                                                                                                                                            励みになります!(^^)!                                                                                                                     
 にほんブログ村
23:29  |  ジェジュン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

  (お名前が無いとお返事出来ないので宜しくお願いします)
 

▲PageTop

 | HOME |