FC2ブログ

All archives    Admin

09月≪ 2019年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2019'10.07 (Mon)

アジアコンテンツアワードで受賞♪ 【動画訳】

釜山国際映画祭の中でもこういうアワードが有るんですね。
知らなかった。。色々各国の俳優さんなど受賞されて、日本の作品も受賞してましたね。

まずはレッドカーペットの写真の前に・・・
Cjesのインスタで紹介されたジェジュンの姿
記事のタイトルにも有ったけど、本当にまるでアニメの主人公のよう
少女漫画から抜け出た王子様みたいなジェジュンですね。
こういった正装すると、ただでさえカッコいいのに更に2割増し、3割増しのカッコよさで
もう惚れ惚れです。 ほんと2.5次元を地で行ってるといつも思ってます。

EGL4ut-VUAEYsTn.jpg

EGL4ut8U4AAAczm.jpg

【More・・・】

EGL4ut4U0AAnI75.jpg

後ろ姿さえも絵になる
EGL4ikqVUAUBV9y.jpg

EGL4ikoU8AAtT3l.jpg

EGL4ikoVAAAWQOO.jpg

EGL4utyU8AAPoAv.jpg


そしてレッドカーペット
EGMWtuEW4AE_GFe.jpg

EGMMlZ8UUAAtKLh.jpg

EGMMlaBUEAEVBEY.jpg

EGMeBtZUEAEpagD.jpg

EGL9lTOUcAAImoI.jpg

EGL9lTDVAAIVgwp.jpg

EGL8cZLW4AAP8jm.jpg

EGL5MZWU4AEOKV0.jpg

EGL5MZVUEAEr5CS.jpg




他の方のインスタから
EGMgj_lVUAAJVHR.jpg

EGMfbVjU4AIy0Lf.jpg

EGMiKooVUAAcdQF (2)

ジェジュンは【特別賞】エクセレンス賞と言うのを受賞しました。
これは正直どういうのが評価されての賞なのかイマイチ分かりにくいですけど
アジアコンテンツアワードは映画じゃなくてドラマの授賞式(過去5年間の評価)
最高のパフォーマンスをした最も優秀な俳優や女優に与えられる賞がエクセレンスアワード

第一回受賞者 :  キム・ジェジュン


って事らしいです。ドラマねぇ~。。そんな高く評価されるドラマ有ったかぁ~?
と贔屓目で見てもドラマに関してはそう思ってしまう私ですが
まぁどういう基準か分からないけど選ばれて嬉しい(*^^*) 
よう分からんけど貰えるもんは貰っておこう。
韓国では人前に出るお仕事少ないんだし、ファンも多いんだぞってのを知ってもらおう♪

ジェジュンの受賞シーン 【コメント訳】
有難うございます。アジアコンテンツアワード、
今日が初日だと聞きましたが、最初から良い賞を頂いて心から光栄です
今日ずーっと見てると、立派な作品、監督、俳優の方々がいらっしゃるという事を
再び感じ、みなさんが気分良く釜山を思い切り楽しんで下さったら良いと思います。
釜山映画祭が、これからも世界で多く愛されるようにお祈りします

と話してササ~~っとあっさり舞台を降りようとするジェジュン
MCの女性が「おめでとうございます。あ・・キム・ジェジュンさん・・
      ジェジュンさんもう一度戻ってきて下さい」と。

「え?何ですか??」ってトコトコ戻ってくるジェジュン(カワイイ)

MC「今日はジェジュンさんのファンの皆さんが多く来られていますので
  ファンの方に一言お願いします」

JJ「皆さんこんにちは。美しいです。 また会いましょう。
  拍手をたくさんして下さい 有難うございます」


関連記事
スポンサーサイト



良かったらJJをポチッとして下さい♪                                                                                                                                            励みになります!(^^)!                                                                                                                     
 にほんブログ村
00:56  |  ジェジュン  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

  (お名前が無いとお返事出来ないので宜しくお願いします)
 

▲PageTop

 | HOME |